ホームページ
Fenergo顧客確認 (KYC)

Fenergo顧客確認 (KYC)

最初の顧客オンボーディングから定期的なレビュー、継続的なメンテナンス、オフボーディングに至るまで、ライフサイクル全体を通じてグローバルな本人確認 (KYC) デューデリジェンス要件を効率的に管理する、一元化された企業規模の統合プラットフォームです。



- 金融機関がKYC規制上の義務を履行できるようにするノーコードのSaaSソリューション

- KYCデータ、文書、所有権、120あまりの国・地域の管理ルールを備えたグローバル規模のポリシー・ルール・エンジン

- オンデマンドの顧客リスク評価計算

- KYCコンプライアンスプロセス全体でユーザーを誘導する動的で高度なワークフローとケース管理

Fenergo

Fenergoが提供する本人確認の強み

Fenergo本人確認 (KYC) は、よりリスクの高い顧客にリソースを効率的に集中させ、KYCの国際および国内規制へのライフサイクルを通じたコンプライアンスを確保する、リスクベースのKYCコンプライアンスアプローチを提供します。

1

リスク軽減と、KYCコンプライアンス管理

KYCおよびマネーロンダリング (AML) の国際および国内規制を継続的に監視し、将来に渡ってコンプライアンスを保証します。<br>

2

業務の効率化

Fenergo KYCは、Fenergoの外部データとAMLスクリーニングを連携して、低、中、高リスクの顧客識別をインテリジェントに効率化し、正しいレベルのデューデリジェンスの適用を自動化します。

3

総所有コストの削減

設定変更可能、拡張可能、柔軟 - Fenergo KYC は、データ、文書、所有権と管理、リスク評価、AML スクリーニングなど、KYCプロセスのすべての要素を結び付けます。

コード不要のドラッグ・アンド・ドロップでの設定により、ユーザーは、Fenergoユーザーインターフェースから直接、設定変更できます。

4

クライアント・エクスペリエンスの変革

システムのハンドオフやデータの重複が減ることで、クライアントのニーズに合わせた価値の高い仕事を完了するためにチームがより組織化され、最終的にはより良いクライアント・エクスペリエンスが提供される。

5

収益の可能性を引き出す

KYCコンプライアンスにリスク・ベースのアプローチを適用し、顧客ポートフォリオ全体のリスク・プロファイルを明確に把握することは、新規および既存顧客の成長機会を見極めるのに役立つ。

Fenergo
 
Play

FenergoでKYCコンプライアンスを解決

Fenergo 本人確認 (KYC) は、モジュール単体として、またはFenergoのエンドツーエンドのClient Lifecycle Management (CLM) プラットフォームの一環として導入できるAPIファーストのソリューションです。

その強力な業務および規制ルールエンジンには、120あまりの国・地域のあらゆるエンティティタイプのデータ、文書、所有権および管理ルールがパッケージ化されています。これをFenergoのワークフローとリスクエンジンが補完することにより、顧客ライフサイクルのあらゆる段階でKYCとAMLの要件を動的に推進し、KYCの国際・国内規制へのコンプライアンスを確保します。

Fenergoの業界をリードするデータ、ID&V、およびスクリーニングパートナーとシームレスに連携することにより、オペレーションチームとコンプライアンスチーム間のサイロ化を解消し、顧客への支援提供の必要性を削減できるため、運用の効率化を図ります。

Fenergo 本人確認(KYC)で実現できること:

KYCの国際・国内要件の遵守

Fenergo KYCは、120あまりの国・地域すべてのエンティティタイプと自然人のKYCデータ、文書、所有権と管理規則をパッケージ化しているため、金融機関は、顧客と関係者に適切なレベルのデューデリジェンスが適用されているという安心感を得られます。

Ensure Continuous KYC Risk Monitoring

Fenergo KYCは、顧客リスクプロファイルに基づいて、定期的なKYCレビュー日を自動的に決定し、KYCレビュー日になるとレビューケースをトリガーします。これにより、貴社組織は顧客のKYCプロファイルとAMLプロファイルをインテリジェントかつ継続的に監視して、状況の変化に関するアラートを自動的に生成・処理し、レビューサイクル間で顧客のKYCプロファイルを常時最新状態に保つよう選択することもできます。

顧客オンデマンド リスク評価の自動化

Fenergo KYCのリスクエンジンは、顧客のKYCプロファイルへの入力に動的に応答し、顧客のリスク評価を自動的に計算し、リスクの高い顧客にはデューデリジェンスを強化するなど、適切なレベルのデューデリジェンスを動的に適用します。

ユーザーは業務部門が定義した動的なリスク・スコーピング・ルールに沿って、適切な金融犯罪リスクモデルが適切な時点で呼び出される信頼感を得られます。

複雑な関係の特定と可視化<br>

FenergoのRelated Party Managerを使用すると、最終的な受益者や重要な支配権者など、エンティティの複雑な関係や構造を特定、作成、可視化できます。

業界をリードするプロバイダーとの事前構築済み連携の活用


外部データプロバイダーによる法的エンティティデータ: データ収集プロセスを簡素化し、情報を活用して顧客から提供されたデータと照合・検証することにより、最終的に顧客体験を向上させます。

スクリーニング統合:Fenergoの本人確認ソリューションは、業界をリードするスクリーニングプロバイダーとの高度なスクリーニング連携によって補完され、重要な公的地位を有する者 (PEP)、制裁状況および不芳報道に関する警告を検出して、AMLプロセスをサポートします。

Fenergo KYC Report Cover

The KYC Report

A Final Frontier for Digital Transformation in Banking.

This report investigates the direct and opportunity costs of allocating huge resources to KYC functions. Authored by Stella Clarke, Chief Strategy & Marketing Officer & Cengiz Kiamil, Vice President, Strategy @Fenergo.

Fenergo のSaaSソリューション

Fenergoの一連のSaaS ソリューションをご確認ください

FenergoのESG コンプライアンス

顧客オンボーディング

取引監視

Account Opening

FAQs

Why Is KYC So Important?

The KYC process protects financial institutions and the entire financial system from financial crimes e.g. money laundering, terrorism financing and other illegal frameworks.

What Is Involded in the KYC Process?

The KYC process is heavily dependent on client information. Clients must prove they are who they say they are and that their sources of funds are legitimate. They need to prove their identity and produce documents verifying the legitimacy of their information and onboarding application. Financial institutions may refuse to open an account or may cease an existing relationship with a client if the client fails to meet KYC requirements.

What Are the Key Challenges of Conducting KYC?

There are 3 key challenges of conducting Know Your Customer.

Firstly, the KYC process is very information and document heavy. Clients must prove they are who they say they are, and all monies associated with them have a legitimate source. For financial institutions that do not have KYC automation, the process of outreaching to clients to collect this information is quite haphazard and time-consuming. In fact, KYC is a key reason why client onboarding takes so long.

Secondly, when the client information is submitted, it must be inputted and processed into the relevant systems. This can introduce a high level of human error. The more manual a KYC process is, the more KYC specialists are required to manually input and review client information to make an assessment as to how much risk the client poses to the institution. Due to the complexity of KYC reviews and the amount of information required to be sifted through, this can lead to errors in judgment and inadvertently doing business with entities that may harm the reputation of the financial institution. Furthermore, the more people required to conduct Know Your Customer checks, the higher the cost of KYC compliance.

The final challenge comes in the form of regulatory scrutiny. In 2022, global penalties totalled $4.9 billion for KYC violations and non-compliance (Fenergo Fines Report, 2022).

What is Perpetual KYC?

Perpetual KYC (or PKYC) automates as much of the existing periodic KYC review process as possible. It means continuous monitoring of the client profile - identifying changes across relevant data sources, assessing their risk impact, and applying materiality. With more frequent but fully automated incremental refreshes, the client profile is kept up to date, so that when a review falls due, the volume of work requiring human intervention is reduced.

What Are the Benefits of Perpetual KYC?

There are many benefits of P-KYC. Here are three core benefits for financial institutions.

  1. Future-Proofed KYC Compliance: Perpetual KYC provides ongoing monitoring of a client’s profile by validating previously collected information and continuously identifying and assessing changes in the client’s profile on an ongoing basis. This ensures that the financial institution is continually capturing, flagging and acting upon information that may change the risk profile of a client.

  2. Reduced Operational Burden: Perpetual KYC can significantly reduce the operational burden of work from KYC teams. By capturing changes in a client profile and measuring the materiality of these changes on an ongoing basis, financial institutions can eliminate the build-up of scheduled client reviews. By responding in real-time to changes that have material impacts, they can manage risk by exception and allow other non-material changes to be managed via straight through processing.

  3. Reduced Operational Costs: The single biggest contributor to the cost of KYC compliance is people. Through advanced digitalization and optimization of the KYC review process, Perpetual KYC can deliver significant operational cost savings accrued by making better use of KYC specialists’ time.

Fenergo KYCの詳細情報をご希望の場合

ご連絡いただければ、当社のKYC専門家が、Fenergo KYCが貴社コンプライアンス業務をどのように変革できるかを説明いたします。<br>